玉石混淆にゅうす

珠玉を求めて採掘中

    2019年11月

    1: 猪木いっぱい ★ 2019/11/30(土) 20:38:17.17 ID:tr3ZyLVj9
    4つの耳を持つ猫はあなたの心を盗むためにここにいます

    彼は人生で簡単に始めることができませんでした。

    路上での生活は、子猫、特に特別なニーズを持つ子猫の生活ではありません。
    彼と彼の猫の兄弟は、生後約2ヶ月で家の下で発見されました。
    住宅所有者は子猫の世話をすることができなかったため、オーストラリアのビクトリア州にあるジーロング動物福祉協会に2匹を託しました。

    4つの耳と1つの通常の目で生まれたFrankenkittenは、避難所でかなりの騒ぎを引き起こしました。

    ジョージアアンダーソンというボランティアは、この特別なニーズの猫にすぐに気付きました。

    まもなく、この珍しい子猫は、自分が誰であるかを評価してくれる人間であることに気づきました。

    子猫は、感染して変形した右目を取り除く手術が必要でした。アンダーソンは彼を育てるために介入し、手術後にフランケンと名付けました。

    明らかに、傷とステッチは適切な名前のように見えました。
    そして、彼の短いストレスの多い人生で愛や優しさを知らなかったにもかかわらず、子猫は単にアンダーソンを愛していました。


    彼は多くの痛みを抱えていたでしょう。
    しかし、私が彼を迎えに行ったときに彼が最初にしたことは、彼の顔をゴロゴロと擦りつけたことでした。
    私は獣医クリニックの女の子たちに、彼の目を取り除いた後の回復のために彼を育てることを話しました。

    google翻訳一部割愛


    【【猫】生後間もない片目の子猫を保護したら耳が4つあって大騒ぎに:オーストレィリア 】の続きを読む

    1: 香味焙煎 ★ 2019/11/30(土) 10:31:14.33 ID:xkYM6KaG9
    かつて地上で繁栄した恐竜は6600万年前に突然、絶滅した。きっかけは小惑星の衝突だ。その痕跡がメキシコ湾の地下にあり、最近の地質調査から新たな事実が浮かび上がってきた。
    地層内の硫黄分が空中に舞い上がり、環境が激変した。太陽光が遮られて寒冷化した従来説に加え、長期の酸性雨説も説得力を増し、絶滅を招いたのではと議論されている。

    6600万年前、現在のユカタン半島北端部に直径10~15キロメートルの小…

    [有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52775530Z21C19A1MY1000/

    【【地球】6600万年前の恐竜絶滅 酸性雨説有力に、小惑星衝突で 】の続きを読む

    1: サンダージョー ★ 2019/11/26(火) 20:22:48.90 ID:CAP_USER
    2019年11月25日
    https://www.nao.ac.jp/news/science/2019/20191125-cfca.html
    no title


    惑星が太陽のような恒星の周りを回る天体であることは、広く知られています。恒星が誕生する時は、その周りにガスと塵(ちり)から成る原始惑星系円盤が形成され、この円盤の物質が材料となって惑星が誕生すると考えられています。太陽系や他の恒星の周りを回る惑星(太陽系外惑星)もこのようにして誕生し、その後もずっとその星の周りを回っているのです。

    しかし、この常識を覆す理論を、ブラックホールと惑星形成を専門とする3人の天文学者が提案しました。鹿児島大学の和田桂一教授と塚本裕介助教、国立天文台の小久保英一郎教授から成る研究チームは、まったく新しい「惑星」の種族が銀河中心の巨大ブラックホールの周りに形成される可能性を、世界で初めて理論的に示したのです。

    ブラックホールは、光ですら脱出ができないほど大きな重力を持った天体です。天の川銀河を始めとする多くの銀河の中心には、太陽の100万倍から10億倍もの質量を持つ巨大ブラックホールが存在していると考えられています。こういったブラックホールの一部には、大量のガスと塵から成る円盤を持つものが存在しています。研究チームはこのような円盤に、惑星の元となる塵が太陽の10万個分と膨大に含まれていることに着目しました。「我々は、巨大ブラックホールの周りの円盤にある塵の量で、惑星形成の条件が満たされるだろうか、という大胆な発想の転換をしました」と和田教授は語ります。

    現在の惑星形成理論においては、原始惑星系円盤の低温部分ではマイクロメートルサイズの岩石の塵が氷をまとった状態で存在し、そのような塵が互いに付着しながら成長していくと考えられています。この過程で塵の塊はふわふわとした状態になり、メートルサイズまで成長します。この塊が互いに衝突したり自身の重力で収縮したりすることで密度を増しながら、やがてキロメートルサイズの微惑星へと成長します。研究チームは、このような塵の成長が巨大ブラックホール周辺の円盤でも起こっていると考えたのです。

    巨大ブラックホールのごく近傍は高温のため非常に明るく光ります。しかし、その外側に位置するガスと塵から成る円盤内部は温度が低く、岩石の塵は氷をまとっていると考えられます。その場合、原始惑星系円盤と同様に、塵はふわふわとした塊に成長し、その後衝突や収縮を経て密度の大きな天体となります。さらにその後は、重力によって一気に周りの物質を集めて大きくなり、氷と岩石を主成分とする地球の10倍程度の質量を持った「惑星」へと成長することが、計算によって導かれました。「塵の成長が始まってから数億年程度で、このような『惑星』が約1万個もブラックホールの周囲に形成されることが分かったのです」と小久保教授は述べます。

    こういったブラックホールの周りの「惑星」を検出する有効な観測手段は、現在は残念ながらありません。しかし今回、新しい種類の「惑星」の存在の可能性を見いだしたことで、これまでに考えられていなかったまったく新しい研究分野が開け、「惑星」の検出に向けた観測研究が進むことが期待されます。

    この研究成果は、米国の天体物理学専門誌『』に11月26日に掲載されます。

    【【宇宙】ブラックホールの周りに広がる新たな「惑星」の世界[11/25] 】の続きを読む

    1: ちくわ ★ 2019/11/28(木) 17:50:59.84 ID:OtMnbWX99
    【11月28日 AFP】太陽系が位置する天の川銀河(銀河系、Milky Way)内で、極めて巨大なブラックホールを発見したとする研究結果が28日、発表された。このブラックホールはあまりに巨大なため、星の進化に関する既存のモデルに疑問が投げ掛けられている。

    no title

    no title



     英科学誌ネイチャー(Nature)に掲載された論文によると、地球から1万5000光年の距離にあるこのブラックホール「LB-1」は、太陽の70倍の質量を持つとされる。

     今回の研究を率いた中国科学院国家天文台(China's National Astronomical Observatories)の劉継峰(Liu Jifeng)教授によると、大質量星の中心核が重力崩壊して形成される恒星ブラックホールが銀河系には約1億あると推定されるが、LB-1は科学者らの間で存在し得ると考えられていた重い恒星ブラックホールの2倍の質量を持つという。

    「現在の恒星進化モデルの大半によれば、これほどの質量を持つブラックホールは、銀河系内には存在すらしないはずだ」と劉教授は話す。

     また、銀河系内の典型的な恒星は恒星風を通じてガスの大半を放出するため、LB-1ほどの巨大なブラックホールは出現しないというのが研究者らの考えだと説明し、「今回の発見により、理論研究者らはLB-1の形成を説明するという難題に立ち向かわなければならなくなる」と続けた。

     恒星ブラックホールは通常、超新星爆発によって形成される。超新星爆発とは大質量星が燃え尽きてその一生の最後に起きる現象だ。

     今回の研究には参加していないが、米カリフォルニア工科大学(Caltech)のデービッド・ライツェ(David Reitze)氏は、「LB-1の大質量は、超新星で生成されてはいないはずで『対不安定型のギャップ』として知られる範囲に分類される」「これは、LB-1が別の物理学的機構で形成された新たな種類のブラックホールであることを意味する」とコメントしている。

    https://www.afpbb.com/articles/-/3257043

    【【宇宙】「存在すらしないはず」の巨大な恒星ブラックホール、銀河系内で発見 太陽の70倍の質量 】の続きを読む

    1: しじみ ◆fbtBqopam767 しじみ ★ 2019/11/27(水) 19:45:39.10 ID:QxwSMI9W9
    2018年にゲノム配列を編集する技術を用いて、世界で初めてヒト受精卵に遺伝子操作を行う実験を行ったと、中国の科学者が発表しました。この発表は世界中から大きな批判を受け、中国政府は科学者を捜査対象としたことを明らかにしています。しかし、科学者が姿を見せなくなってから10カ月経っても科学者の行方は知れず、世界初のデザイナーベビーとなった双子の赤ちゃんも所在がわからなくなっていると報じられています。

    One Year After The 'CRISPR Babies' Scandal, The Chinese Scientist Is Still Missing
    https://www.sciencealert.com/1-year-on-there-s-still-mystery-surrounding-china-s-gene-edited-babies

    2018年11月、南方科技大学の生物学者である賀建奎(He Jiankui)氏が、YouTube上に「遺伝子編集技術CRISPR/Cas-9で先天的にHIV耐性を持つ双子の女児が誕生した」と公表。その後、2018年11月下旬に香港で開催された国際会議で、賀氏は研究成果を正式に発表しました。しかし、国際会議での発表直後、世界中の科学者が賀氏の率いる研究チームへの強い批判と共に、「賀氏の遺伝子編集実験を検証するべきだ」とする共同声明を発表しました。

    中国の科学者が「ゲノム編集でHIV耐性を持つ双子の女児が誕生」と発表、倫理面や内容には強い疑問の見方も - GIGAZINE


    賀氏は「遺伝子編集実験のデータはいずれ公開する予定だ」と述べていましたが、世界中から批判が集中していることを受けて、中国政府が賀氏に研究中止を命じたことも判明しました。

    中国政府が「世界初の遺伝子編集ベビーの誕生」を主張する科学者チームに研究中止を命令 - GIGAZINE

    その後、中国政府の調査によってゲノム編集された双子の実在が確認されました。そして、賀氏は南方科技大学を解雇され、中国警察の捜査対象になったと報じられました。既に2019年1月の時点で「賀氏は自宅軟禁、あるいは警察に拘束されているのでは」と報道されていますが、南方科技大学はこれを否定しています。

    中国でゲノム編集された双子の実在を確認、臨床実験を行った中国の科学者は警察の捜査対象に - GIGAZINE

    科学系メディアのScienceAlertによると、賀氏は2019年1月にアパートのバルコニーで目撃されて以来、公の場に一切姿を現していないとのこと。また、公開すると述べていた実験データも発表されておらず、肝心の双子の健康状態や行方も全くわかっていない状態だそうです。

    中国政府は双子の存在を確認した後、賀氏の研究室に残されていた編集済みの胚と記録をすべて押収していると報じられています。賀氏の発表によれば、2019年夏には遺伝子編集された3人目の赤ちゃんが生まれているはずですが、その後無事に生まれたのかどうかは一切明らかにされていません。

    賀氏のメディア対応担当を務めたライアン・フェレル氏は、メディアから賀氏の現状について聞かれたところ、コメントを避けたとのこと。ただし、フェレル氏は支払われるはずの報酬を賀氏ではなく賀氏の妻から受け取ったことを明らかにしていて、ScienceAlertは「賀氏はもはや自分で報酬を支払うことができない状態なのかもしれない」と推測しています。

    カリフォルニア大学バークレー校でCRISPR/Cas9の研究を行うジェニファー・ダウナ氏は「モラトリアムはもはや十分ではなく、規制が必要です」と述べ、既にロシアの科学者が人間の胚の遺伝子編集を行う次なる実験を提案していることを指摘し、すべての国の規制当局にそのような実験を許可しないように要求。ダウナ氏は「胚や卵、精子のDNAをいじくり回したいという誘惑は消えません」と述べました。

    no title


    https://gigazine.net/news/20191127-china-scientist-missing/

    【【中国】世界で初めてヒト胚に遺伝子編集を行った中国の科学者が行方不明に、赤ちゃんの所在も不明 】の続きを読む

    このページのトップヘ