玉石混淆にゅうす

珠玉を求めて採掘中

    カテゴリ: 科学・技術

    1: 田杉山脈 ★ 2019/11/14(木) 02:03:20.46 ID:CAP_USER
    学費無料、24時間365日オープン、教師なし──。

    従来の常識を覆した革新的な教育システムによって、就職率100%を実現。2013年にフランスで開校して以降、世界中から注目を集めている民間発のエンジニア養成機関「42(フォーティーツー)」。2016年にシリコンバレー校が設立されたのも記憶に新しいが、この「42」がついに日本にもやってくる。

    11月13日、DMM.comはフランスのエンジニア養成機関「42」の東京校として、一般社団法人「42 Tokyo(フォーティーツートーキョー)」を設立したことを発表した。同法人の事務局長を務めるのは、半年前まで「42」のフランス校に通っていた長谷川文二郎だ。

    本日から第1期生の募集を開始し、2020年1月に入学試験「Piscine(ピシン)」を実施。その試験を経て、2020年4月に開校する予定だという。

    5年間で50億円を投資

    「ひとまず5年間で約50億円を投資していく予定です」

    今回の発表に先駆け、10月末にDMM本社で開催されたプレス向けの発表会で会長兼CEOの亀山敬司は「42 Tokyo」への意気込みをこう語った。

    フランス発のエンジニアの養成機関「42」は、フランスでインターネット・携帯電話などの通信事業を展開する「Free(フリー)」を立ち上げた経験を持つ、実業家のグザビエ・ニエル(Xavier Niel)が設立したもの。

    フランスの教育環境や雇用の閉塞感に対する危機感から、グザビエが自身の資金を投じ、教育者として働いてきたニコラス・サディラクなどの協力を得て、2013年に誕生した。2016年にはシリコンバレー校が設立。現在は世界12カ国で展開されており、今なお世界中で開校が所望されている。

    「42」の最大の特徴は学費が無料で、学歴も家庭環境も問わず、16歳以上であれば誰もが平等に挑戦可能。そして教師から生徒への一方通行の教育ではなく、生徒同士が学び合う“ピアラーニング”を取り入れ、教室が24時間365日開放されている点にある。
    https://forbesjapan.com/articles/detail/30568

    【【学費無料】ついに黒船上陸──仏発エンジニア養成機関「42」東京校が来春オープン 】の続きを読む

    1: @くコ:彡 ★ 2019/11/14(木) 04:57:00.14 ID:PYFkSRcL9
    ・List of the world's most aggressive drivers reveals Mongolian city to be the worst place for road rage, Osaka the safest, with Miami the most dangerous in the US

    ドライバーにとって世界で最高の場所と最悪の場所のリストがイギリスのカーパーツとアクセサリ販売業者のMister Autoから発表された。
    世界中の100の都市を対象とし、ドライバーへの日常的な複数の要因、インフラ、混雑状況、ドライバーの行動など15の要因が考慮され、調査の結果が示されている。
    https://www.mister-auto.co.uk/driving-cities-index/

    最も危険な道路は、聞き取り調査による「煽り運転などドライバーのキレ具合」の目撃や経験と「住民10万人あたりの死亡率」によって導き出された。

    この調査によると、世界で最も攻撃的なドライバーが多い都市のリストとしてモンゴルのウランバートルが最悪度1位で99.2/100ポイントとなり、死亡率は10万人あたり16.5ポイント、続いてロシアのモスクワが98.46で2位となった。

    一方で、日本の大阪が最もドライバーが穏やかという驚きの結果となり、ドライバーのキレ具合ポイントはわずか1ポイントで死亡率は3.20という結果となった。

    攻撃的なドライバーが多い都市トップ5

    1.モンゴル、ウランバートル99.12
    2.ロシア、モスクワ98.46
    3.パキスタンカラチ98.13
    4.コルカタ、インド97.80
    5.ナイジェリア、ラゴス97.47

    ドライバーにとってベストな都市トップ5

    1.カナダ、カルガリー100
    2.ドバイ、アラブ首長国連邦97.87
    3.オタワ、カナダ96.60
    4.スイス、ベルン96.23
    5.エルパソ、アメリカ96.01

    ドライバーにとって最悪な都市

    1.インド、ムンバイ1
    2.モンゴル、ウランバートル20.30
    3.コルカタ、インド29.99
    4.ナイジェリア、ラゴス43.13
    5.パキスタン、カラチ51.60

    ※全文はリンク先へ

    ・The best and worst cities for drivers
    https://www.mister-auto.co.uk/driving-cities-index/

    (イメージ画像)
    https://i.dailymail.co.uk/1s/2019/11/13/12/20954172-0-image-a-29_1573649967192.jpg

    17:01 GMT 13 Nov 2019
    https://www.dailymail.co.uk/news/article-7680887/List-worlds-aggressive-drivers-reveals-Mongolian-city-worst.html

    【【マジか 大阪見直した】世界で最もドライバーの気性が穏やかな都市が「大阪」と発表される:最も危険なのはモンゴルのウランバートル 2位はモスクワ 】の続きを読む

    1: みつを ★ 2019/11/12(火) 03:07:13.49 ID:/Ov7TsSs9
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1911/11/news070.html


    2019年11月11日
    YouTube、12月10日に利用規約変更 アカウント停止についてが詳細に

    YouTubeが12月10日に利用規約を改訂する。YouTubeによるコンテンツ削除やYouTubeがアカウントを停止あるいは解除する場合についての説明が詳しくなった。
    [佐藤由紀子,ITmedia]


     米Google傘下のYouTubeは11月8日、ユーザーに対して利用規約の変更を通知した。新しい利用規約は12月10日に有効になる。


     従来「アカウントの終了に関する方針」として説明されていたユーザーのアカウント停止に関する項目が「アカウントの停止と解除」という項目になり、より具体的になった。このサブ項目の「正当な理由に基づくYouTubeによる解除および停止」と「本サービスの変更に基づくYouTubeによる解除」は、一読した方がよさそうだ。


     「本サービスの変更に基づくYouTubeによる解除」の「YouTube が独自の裁量により、お客様への本サービスの提供がもはや採算に合わない事業となったと判断するに至った場合、YouTube はお客様またはお客様の Google アカウントによる、本サービスの全部もしくは一部へのアクセスを解除できるものとします。」が具体的にどういうケースなのかの説明がなく、Redditなどで物議を醸している。


     米Mashableは、広告売り上げが少ないチャンネルのアカウントを削除するという意味ではないかと考察している。また、クリエイターだけでなく、一般ユーザーでも多数のコンテンツを視聴しているのに収益化に繋がらない場合は削除される可能性を懸念した。

     ユーザーへの通知メールには「読みやすさと透明性の向上を図るため」の更新だと書かれているが、「最新のYouTubeの製品や仕組みに、より良く適合する規約にしました」ともあり、特にクリエイターは目を通しておいた方がよいだろう。

    no title


    no title

    【アカウント停止!?【YouTube】12月10日に利用規約変更 アカウント停止についてが詳細に 】の続きを読む

    1: みなみ ★ 2019/11/10(日) 09:23:29.82 ID:FJ91nPIK9
    11/9(土) 18:50配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191109-00010004-amweb-bus_all

    交通の流れに合わせて先を読んでいるか

    「プロに聞く」シリーズの番外編として、走りのプロは、ストリート(一般道)で他人の走りのどんなところに注目し、上手い下手をジャッジしているのかを聞いてみた。答えてくれたのは、おなじみの澤 圭太選手。

    「きちんと流れに乗って走れていることが大前提ですが、そのうえで広すぎず狭すぎず適度な車間距離がキープできていることがまずひとつ。高速道路では、車線変更の仕方が“スムーズかつスマート“にできる人は上手な運転の特徴でしょう。

     ワインディングでは、車線の中でのクルマの位置、大げさでなくても、車線内でアウト・イン・アウトで走れているかとか、ブレーキランプの点き方などは気にしています。

     ブラインドコーナーの場合、ちゃんとコーナーの外側から入ろうとしているクルマは、コーナー先の分からない状況でも前もって備えている感覚が見え、“この人は分かっているな”と思うし、コーナー間が近いところでは、2つのコーナーを1つのコーナーとして走ろうとしている人も評価できるでしょう」

    以下ソースで

    【【社会】「運転が上手い人」と「運転が下手な人」の見分け方 】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2019/11/07(木) 19:18:47.35 ID:CAP_USER
    米Adobe Systemsは、ロサンゼルスで開催された自社イベント「Adobe MAX 2019」で11月7日、製品に未実装の11の技術を集めた「SNEAKS」を披露。その中で、写真に写った顔が加工されたものかどうかを検知し、それを元に戻す「Project About Face」デモを行った。

     読み込んだ写真ファイルから顔を検出し、機械学習によりその顔が加工されている可能性(probability of manipulation)をパーセンテージで表示。一定以上の比率になると、×印が付いて、加工されていると判断する。引き延ばし、歪み、ピクセルの脱落などから加工されたかどうかを決める仕組みだ。

     対象画像の加工具合はヒートマップで表示され、さらに元写真がない状態でもオリジナルの無加工の状態に「戻す」こともできる。

     Adobeとカリフォルニア大学バークレー校は6月、Project About Faceのベースとなる技術を発表していた。
    no title

    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1911/07/news086.html

    【【IT】Adobe、加工された顔を検知して元に戻す技術「Project About Face」披露 】の続きを読む

    このページのトップヘ