玉石混淆にゅうす

珠玉を求めて採掘中

    カテゴリ: 国内

    1: ひぃぃ ★ 2019/11/18(月) 22:22:22.43 ID:jjfTNNDK9
    高知県土佐清水市には、ひときわ異彩を放つふるさと納税の返礼品がある。

    逆光の中に浮かび上がるどっしりとした黒い影。腹の中で煌々と燃え盛る炎。

    寸胴型の胴体からニョッキリはえた脚で堂々と立っているのは、土佐清水市の鉄工所・小磯鉄工が製造する「ロボット型薪ストーブ」だ。

    218万円の寄付でもらえるお礼の品で、「ロボット型薪ストーブ」と甲冑を装着した「ロボット型薪ストーブ(サムライ)」の2種類がある。

    ふるさと納税サイトに記載されている説明文は以下の通り。

     「職人こだわりの遊び心で誕生したロボット型の薪ストーブです。ガラス越しの揺らめく炎を見ながら暖をとりつつ、オーブン付きなので料理を楽しむこともできます。また、インテリアとしても存在感を発揮し、シーズンオフでも見て楽しんでいただけると思います。」

    温まりながらピザや焼き芋の調理や、やかん・鍋の加熱ができ、インテリアとしても楽しめる、と三拍子そろったストーブだが、なぜロボット型なのかは不明のままだ。Jタウンネット編集部は小磯鉄工を取材した。

    ■製作者「自然にできました」

    小磯鉄工に、どうして薪ストーブがロボットの形になったのか尋ねると、

     「どうしてというか...自然にできました」

    同社はいわゆる「町の鉄工所」。主に建築物を建てるための鉄鋼材等を作っており、一般向けの商品を製造しているわけではない。

    唯一、製品として販売されているのが、「ロボット型」シリーズで、5年前ほどに「薪ストーブを作ってほしい」という依頼があったのが制作のきっかけだという。

    「楽しい薪ストーブ」を目指し、遊び心を加えた結果、今の形になったそうだ。

     「まあ、薪ストーブを小磯鉄工流につくったらこうなった、という感じです」

    と、ロボット型になったのはなんらおかしなことではない、といった話しぶりだった。

    ところで、ストーブで薪を燃やすと炭ができる。その炭を利用できるように、と「ロボット型七輪」の「しち丸」と「しち衛門」も生まれた。

    ニョロッとした腕と脚、なんとも言えず間抜けな表情、蓋についた双葉のような持ち手。薪ストーブと比べると、ずいぶんかわいらしい見た目だ。

    こちらも、ふるさと納税の返礼品になっていて、13万円の寄付でもらうことができる。

    返礼品として希望している人はいるのか聞くと、

     「薪ストーブの方はまだないですね。七輪はちょこちょこ出ています」

    とのこと(2019年11月8日時点)。そう聞くと、強そうに見えたロボット型薪ストーブがどこか寂しげに見えてきた。

    いずれも、ふるさと納税の返礼品としてだけでなく、小磯鉄工のウェブサイトでも購入できる。薪ストーブは65万円から(値段は注文者の要望に合わせて変動)、七輪は3万7800円だ。

    2019年11月18日 6時0分 Jタウンネット
    https://news.livedoor.com/article/detail/17396008/

    画像
    no title

    https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/2/f/2ffd6_1460_65f89adf4d630bd01a25f818d14639f2.jpg
    https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/d/6/d632b_1460_addb3be1d08782c1f07b1774099a13c5.jpg

    【めちゃくちゃ強そう... 鉄工所が作った「ロボット型薪ストーブ」がロマンしかない 】の続きを読む

    1: どどん ★ 2019/11/14(木) 18:56:45.21 ID:uVD3hilf9
     大阪・難波の商業ビル「なんばCITY」内を自転車で暴走する動画が拡散した騒動で、動画を投稿したツイッターユーザーが2019年11月14日、「多くの方々にご迷惑をお掛けしました事を
    深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

     動画をめぐっては、ツイッター上で批判が殺到していた。

    ■奇声発して暴走

     50秒あまりの動画は11月12日、「パトロール部隊、南海難波駅今日も安全を確認致しました」などの文言ともに投稿された。投稿者は「大阪を拠点に活動するMTB(編注:マウンテンバイク)チーム」
    を名乗る。

     若者や中年とみられる複数の男性が、通行人を横目に奇声や笑い声をあげながら自転車を疾走している。前輪を上げたり、ハンドルから手を離したりと、何かしらのパフォーマンスをしているようだ。

     ツイッター上では「迷惑すぎる」と批判が相次ぎ、複数の大手メディアも取り上げるなど、いわゆる「炎上」状態だった。

     批判を受け、投稿者は14日、「この度のなんばCITY、ウイリー走行動画に関し、多くの方々にご迷惑をお掛けしました事を深くお詫び申し上げます。申し訳ございませんでした」などと謝罪した。

    JCASTニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191114-00000011-jct-soci

    【【バカッター】大阪・難波の商業ビル内で「集団暴走」 動画炎上の自転車チームが謝罪 】の続きを読む

    1: 靄々 ★ 2019/11/13(水) 19:43:23.54 ID:PpyeCLgk9
    ツシマヤマネコ「勇希」お引越しだニャ 京都から繁殖のため名古屋へ

     京都市動物園(左京区)で飼育するツシマヤマネコの2歳の雄「勇希(ゆうき)」が14日、繁殖のため、名古屋市の東山動植物園に移される。人工保育で育てられた国内初の事例として注目を集めた人気者だけに、同園は「離れてしまうのはさみしいが、新たな場所での繁殖を期待している」と話している。


     ツシマヤマネコは、長崎県の対馬だけに生息する野生のネコで、国の天然記念物に指定されている。現在、国内でツシマヤマネコを飼育する動物園は8園で、市動物園では2012年から展示している。勇希は17年に帝王切開により誕生し、全国で初めて人工保育で育てられた。
     希少動物の動物園間の移動は、血統の偏りを防ぐために定期的に行われている。今後、東山動植物園では、勇希と別の園から移動が予定される雌とのペアリングを目指す。
     また、市動物園は13日、福岡市動物園から1歳の雌「ユリ」を新たに迎える。現在、勇希と一緒に生まれた雌「優芽(ゆめ)」と、昨年12月に長崎から来園した5歳の雄「リョウ」の繁殖に取り組んでいるが、妊娠には至っておらず、今後は、非公開の繁殖施設でリョウとユリのペアリングも試みる。

    東山動物園に移動するツシマヤマネコの雄「勇希」=京都市動物園提供
    no title

    https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/69899
    2019年11月13日 11:14 京都新聞

    【ツシマヤマネコ「勇希(ゆうき)」お引越しだニャ 京都から繁殖のため名古屋へ 】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2019/11/14(木) 07:29:34.36 ID:9fnfIoy99
    雪が降り出すと、真っ白に変身します

    秋の大雪山で、ウラシマツツジの紅葉の中を駆け回るエゾオコジョに出会いました。

    越冬するために貯食に大忙しのナキウサギやシマリスを狙っていたのかもしれません。

    ガレ場を何度も往復していました。

    エゾオコジョは、昭和初期までは平野部にもいたそうですが、今は高山にだけ暮らしていて、準絶滅危惧種に指定されています。

    狭い岩のすき間を移動するため、小顔で細くしなやかな体が特徴です。写真のように、春から秋までは、お腹が白くて、尻尾の先だけが黒、あとは茶色ですが、雪が降りだすと、毛替わりし、真っ白な姿になります。

    でも、なぜか尻尾の先は黒いままです。雪で埋め尽くされてすべてが銀世界となる北海道の山では、尻尾の黒は目立つと思うのですが……。不思議です。

    エゾオコジョに似た種に、キタイイズナという動物がいますが、こちらは尻尾の先まで真っ白になります。

    2019.11.14 現代ビジネス
    https://gendai.ismedia.jp/articles/-/68213
    no title

    【【可愛すぎる〜】小顔の狩人「エゾオコジョ」 冬備えに忙しいリスやウサギを狙って大忙し! 】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2019/11/13(水) 22:01:20.39 ID:kAWKLawJ9
     後輩の消防士をロープで逆さづりにするなどした3人の消防士が懲戒免職された問題です。3人の行為について専門家は命に関わりかねない危険な行為だと指摘しています。

     よく見掛ける血圧測定器。むろん、命を救うために使われます。しかし、この2人は逆でした。大阪府茨木市の消防本部白川分署。血圧測定器が使われたのは今年5月。ベルトを巻き付けられた20代の男性消防士は死の恐怖を訴え、こう嘆願したといいます。

     20代の男性消防士:「嫌だからやめてくれ」

     しかし、徐々に声が出せなくなり、顔面や眼球に内出血が残ったといいます。さらなる問題もありました。3人はこの日のうちに上司の消防司令補に報告しました。しかし…。

     茨木市消防本部:「職員A(後輩)については『黙っていられるか』と口止めした」

     さらに、この上司自身も別の後輩男性に暴行を働いていました。今年4月、消防司令補は20代の消防士の全身をロープで縛ってつり上げ、5分ほど放置したといいます。分署からは普段こんな声が聞こえてきたといいます。

     近くで働く人:「『何しとんねん!カス!』って言って、『わー勘弁して下さい』は聞こえとった。『股開けー!』言うて、『もう股が裂けるー』『裂けー!』言うてね」

     専門家によれば、こうした行為は命に関わる恐れもあります。3人とも救急救命士の資格があり、責任は重大だといいます。

     池袋大谷クリニック・大谷義夫院長:「窒息のリスクも出てきたかもしれません。ましてや医療関係者(の行為)。もしかしたら殺人未遂にあたるような行為かもしれませんので、もうありえない。やっちゃいけないです」

     消防司令補らは「コミュニケーションを取るためにじゃれ合っていた」と話しているといいます。

    2019年11月13日 19時29分
    テレ朝news
    https://news.livedoor.com/article/detail/17375817/
    no title


    関連スレ
    【大阪】後輩の消防士の体をロープで縛ってポンプ車の手すりに逆さにつり上げて放置したりした先輩の消防士らを懲戒免職
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1573550733/

    【【大阪消防士いじめ】首に血圧計を巻き付け徐々に...死の恐怖を訴え「やめてくれ」と嘆願も 眼球は内出血 上司に報告したら口止め 】の続きを読む

    このページのトップヘ