玉石混淆にゅうす

珠玉を求めて採掘中

    カテゴリ:科学・技術 > セキュリティ

    1: 香味焙煎 ★ 2019/11/07(木) 06:07:56.08 ID:3WDZA8kO9
    【11月6日 AFP】米配車大手ウーバー(Uber)の自動運転車が昨年、アリゾナ州で女性(49)をひき死亡させた事故で、米運輸規制当局は5日、交通規則を無視して道路を横断していた女性を、自動運転車のソフトウエアが認識できなかったことを明らかにした。 

    米国家運輸安全委員会(NTSB)の発表によると、フェニックス(Phoenix)郊外のテンピ(Tempe)で起きた事故で死亡した女性は「横断歩道がない場所を渡っていた」が、自動運転車のシステム設計は交通規則を無視する歩行者を考慮していなかったという。

    NTSBの一次報告書では、自動運転車に搭載されたシステムが事故発生のおよそ6秒前に、夜間に自転車を押しながら道路を横切っていた女性を感知していたと判断していた。

    しかし、正式に事故原因を決定するために今月19日に開かれる公判を前に公開された最新報告書では、システムが「女性を歩行者として分類」せず、物体として認識したことが指摘されている。

    システムは事故のおよそ1.2秒前に衝突が迫っていることを認識し、自動運転車の危険な動きを減じるために「極端なブレーキやハンドル操作を抑制した」という。

    報告によると、このアリゾナ州での事故以外に、ウーバーのテスト用車両が自動運転モード中に発生した事故は、2016年9月から18年3月にかけて37件となっている。

    AFP
    https://www.afpbb.com/articles/-/3253410

    【【米国】ウーバーの自動運転車事故、交通違反の歩行者を認識せず 】の続きを読む

    1: 香味焙煎 ★ 2019/11/06(水) 04:40:53.33 ID:kTUnBJV/9
    IT大手のヤフーは、インターネットで検索されたことばなど、大量のビッグデータを外部に販売する新たなビジネスを始めました。個人は識別できないということで、商品開発などに向けてビッグデータの活用が広がりそうです。

    ヤフーが販売を始めたのはネットで検索されたことばや利用者の位置情報など、運営するサービスから得られるビッグデータで、個人を識別できないよう統計データの形で、企業や自治体に有料で提供するということです。

    専用のウェブサイトで調べたいキーワードを入力するとそのことばを検索している人の性別や年代ごとの動向や、一緒に検索されたほかのことばなどが分かり、商品開発や価格設定といったさまざまな活用方法があるとしています。

    記者会見したヤフーの川邊健太郎社長は「個人情報の保護を第1とし、より使いやすいもの、効果があるものにアップデートを繰り返し、事業の柱にしていきたい」と話していました。

    ビッグデータをめぐってはNTTドコモが携帯電話の基地局の情報をもとにどの地域にどのくらいの人がいるかを示すデータを有料で提供しているほか、楽天もネット通販の購買情報を分析したビジネスを展開するなど、活用が広がっています。

    いずれも名前や住所といった個人情報は対象ではないということですが、利用者に根強い不安もあるだけにプライバシーの保護に対する万全の取り組みが求められます。

    no title


    NHK NEWS WEB
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191106/k10012165611000.html

    【【IT】ヤフー 大量ビッグデータを外部に販売 事業の柱に 】の続きを読む

    1: みつを ★ 2019/10/29(火) 04:55:49.18 ID:52qIujem9
    https://www.cnn.co.jp/usa/35144386.html


    スノーデン氏、CIAネットワークでエイリアン実在の証拠検索
    2019.10.24 Thu posted at 15:40 JST


    (CNN) 米政府の情報収集活動を暴露したエドワード・スノーデン氏がこのほど、エイリアン実在の証拠がないか米中央情報局(CIA)のネットワークで検索していたことを明らかにした。

    スノーデン氏はCIA元職員および米国家安全保障局(NSA)の元契約職員として、米国の機密情報の一部にアクセスする権限を持っていた。そこでCIAのネットワークを検索して一連の陰謀論の真偽を確かめた。

    その結果、米政府は知性を持つ地球外生命体について把握していないことが判明したという。

    スノーデン氏は最近出版した回顧録で「私に分かる限り、エイリアンが地球に接触した事実はない。少なくとも米情報機関に接触したことはない」と記している。

    月面着陸については「読者が気になっているかもしれないので触れておくと、人類は本当に月に着陸した」と説明。さらに「気候変動は本当だ。ケムトレイル(航空機が化学物質を散布することで飛行機雲に似た航跡ができるとの説)は真実ではない」としている。

    スノーデン氏は23日放送のポッドキャストの番組でもこうした陰謀論に触れ、エイリアンやケムトレイルなどの「証拠は存在しない」と語った。

    スノーデン氏は米政府が運用する大規模監視プログラムの存在を暴露。現在はロシアの首都モスクワで亡命生活を送っている。

    no title

    【【��】スノーデン氏、CIAネットワークでエイリアン実在の証拠検索も「なかった」 】の続きを読む

    1: ごまカンパチ ★ 2019/10/27(日) 01:35:55.90 ID:ShfPewWr9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191026-00000017-jij_afp-int
     米国防総省は25日、総額100億ドル(約1兆円)のクラウドプロジェクトの契約者として、米IT大手マイクロソフト(Microsoft)を選定したと発表した。
    同社が単独で事業を請け負う。

     このプロジェクトは国防総省の防衛基盤統合事業(Joint Enterprise Defense Infrastructure)で、頭文字を取って「JEDI」(ジェダイ)と呼ばれている。
    契約期間は10年。人工知能(AI)技術でリアルタイムに解析された情報を一つのクラウド上に統合し、陸海空軍など米国の全軍種で共有することが可能となる。
    国防総省は、マーク・エスパー(Mark Esper)国防長官が就任した1週間後、新長官が契約プロセスを見直す必要があるとして、契約者選定を先送りしていた。

     JEDIの契約者選定では、クラウドコンピューティング分野で支配的な地位を築き、すでに中央情報局(CIA)など米政府機関に秘密情報を扱うサーバーを提供していた
    米インターネット通販大手アマゾン・ドットコム(Amazon.com)が有利とみられていた。
    エスパー氏を国防長官に指名したドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領は、アマゾンや、その創業者で米紙ワシントン・ポスト(Washington Post)を所有する
    ジェフ・ベゾス(Jeff Bezos)氏を激しく非難していた。

    今年7月にトランプ大統領がJEDIの入札プロセスについて「マイクロソフト、オラクル(Oracle)、IBMといった企業からの不満」を聞いているとして、
    本腰を入れてプロセスを見直すと述べたことから、選定に不適切な影響があるのではないかとの懸念が出ていた。
    選定過程でマイクロソフトが優遇されたという批判も出ている。

     この契約をめぐっては、世界をより良くしたいと訴えるインターネット大手各社が防衛産業に関わることの是非も論争を呼んだ。
    ベゾス氏は、たとえ評判が悪くとも米国の防衛を支えることは重要だと述べ、アマゾンの入札参加を擁護していた。
    グーグル(Google)は、自社の基本方針に合わないとしてこの案件から撤退。
    マイクロソフトは従業員から撤退を求める声が上がっていたが、最終的にはアマゾンの唯一の競合相手となっていた。

    【【クラウド】米国防総省の1兆円AIクラウド「ジェダイ」、契約はマイクロソフトに 】の続きを読む

    1: みんと ★ 2019/10/24(木) 02:11:25.37 ID:ehx/eo9D9
    代表的な暗号資産(仮想通貨)ビットコインの価格が急落している。情報サイトのコインデスクによると、日本時間23日夜に一時1ビットコイン=7500ドルを下回り、約5カ月半ぶりの低水準をつけた。米グーグルが同日、量子コンピューターを使って複雑な計算問題を極めて短時間で解いたと発表し、ビットコインのセキュリティが機能しなくなるとの懸念が売りを招いているようだ。

    量子コンピューターとビットコインを巡っては、従来から海外インターネットメディアなどの間で議論を呼んできた。量子コンピューターが実現すると、保有ビットコインを守るパスワードにあたる「秘密鍵」を公開情報から解読できてしまう可能性があるという。暗号化して安全に送金するという仮想通貨の基幹技術が崩れることになる。

    一方、「グーグルの量子コンピューターは仮想通貨の暗号化技術を解読できるほど発達していない」という「楽観論」もネット上では目立つ。ブロックチェーンの不正解読は計算能力の高さだけでは難しいという主張もある。一部では量子コンピューターに耐えられる仮想通貨技術を開発する向きもあり、23日のビットコイン急落は投資家の不安を映している。

    日本経済新聞 2019年10月23日 23:59
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51323560T21C19A0I00000/

    ■関連スレ
    【技術】量子コンピューター、スパコンしのぐ性能実証 米グーグル発表 最先端のスパコンでも1万年かかる計算問題を200秒で解く
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1571837244/

    【【仮想通貨】ビットコイン、急落 グーグルの量子コンピューター警戒…暗号化技術解読の可能性 】の続きを読む

    このページのトップヘ